ひつじさんの徒然日記

にこすたますたーのプライベートな日記です。お店のことや趣味の事。お料理の事 もふもふ~と書いております

カテゴリ: 幸福論

IMG_4684
もうすぐで1年がおわります

頑張った1年!辛かった1年!順調だった1年!いろんな1年だったと思います

ここでちょいとゆるぅ~くなりましょう

超ネコアレルギーですが猫大好きなぼくが・・・・本屋で見つけた1冊です

にゃんこの写真たくさん!&ゆるぅ~く背中を押してくれる一言が掲載されてます

疲れた時!

おし!つぎや行くで!

もぉ~いいじゃん!まったりしよう~!

ってときに癒されてください

あぁぁ~にゃんこ・・・・・かわぇぇぇぇなぁ


yjimage
先日お話した瞑想いいもんですね!ぼくもちょっとの空き時間あれば瞑想して心落ち着かせています(たまに・・そのまま熟睡w)5分ほどリラックスできれば不思議と集中力はもどって元気になれます!ぜひ!瞑想のもう一つ両手を胸の前で合わせます両手の温かみが感じれたら両手を挙げ万歳!(ゆっくり動かします)すると手の先から血の気が引いていくのがわかります手のひらをグ~に握ります指の感覚がでてきたら肩を開きながら胸をひらいていきます(ぼきぼき・・・・って肩がなるのは僕だけかな?)で最初にもどりますこれを2~3回するだけでイライラがなくなって肩もらくになりますよ!ぜひ!!ぎゅぅ~~~~~ってなった頭を楽にしてあげましょう!きっと良いアイデアが!ウザかったあいつも許せるかもですあすは正倉院展中ですが!やすみます!(体もちませんw)明後日からまたまたがんばっていきます!あぁぁ~もうすぐカニ解禁ですな!間人まで食べに来たいです!!!!

yjimage
無になる!脳を休めてリフレッシュ!

どうやったら無になるの?これが難しいですよね~特に僕みたいな欲望の塊な人間にはw≧(´▽`)≦アハハハ

でもできるそうです!ちょっと実践してみようとおもいます

まだやっていませんがやり方を聞いてきました

背筋を伸ばしてリラックス(座禅でも椅子でもいいそうです)

鼻から吸ってお腹に入れて鼻からだす!

これだけらしいです

その時に注意するには

「いま・・・・呼吸してるよ・・・おいら・・・・・」って思うこと

すると他の雑念が消えるそうです消えれば脳も余計な願望欲望私利私欲を考えないので

脳が休まる!



しばらくやってみます!またご報告しますね~

また・・・こんな方法あるよ!ってかた教えてくだし(´・ω・`)

では・・・・無の境地へ・・・・・☆GOODNIGHT☆(;д;)


こんばんわ!

なんちゅ~タイトルで始まるんだ!って思われた方・・・驚かしてすいません

今日はこの秋の夜長にぜひ読んでみてはいかがかな・・・・って本紹介したいと思います

アドラーの心理学って聞かれたことありますか?

知ってる人は知っている「心理学の三大巨頭」(フロイト氏、ユング氏、アドラー氏)

の一人

アルフレッド・アドラーの思想を哲学者(哲人)と若者の対話方式で物語が続いていく著書です

「どうしたら人は幸せになるのか?」「自分らしく生きる?」

このような問答をシンプルかつ具体的に書いてます

ぼくもまだ読み始めたところですが登場する「若者」が本当に20年前の自分にダブって見えてきます

それを哲人がわかりやすく解いてくれます

読めば呼ぶだけ「哲人」の言葉の捉え方が変わるんです

最初は怒られた感ですが、読むほどに同じ文面でも暖かく感じてきます

もっと早くこの本の出会えてたら気持ちの中でももっと楽になれただろうな・・・

特に日本人独特の「八方美人体質」には物凄い特効薬ではないでしょうか

ぼくはこの本は今知人から借りていますが・・・僕、家ように1冊買うつもりです

まずは図書館で立ち読みしてみてください!

はまったら。。。

通うなり・・・・ご自身の気の赴くまま

IMG_4441
秋の夜長にいかがでしょうか





日記・雑談 ブログランキングへ

先日知人からお借りしたこの本
IMG_4430
中島芭旺くん(なかじまばおう)くん10歳が書いた本です

小学校通学から自宅学習への道を選択した彼の自己啓発本なんです

僕にも10歳の姫がいます、でもぼくは45歳この差は埋めれないです、もちろん考え方も

ふと・・・あれ?そーいえば・・・ぼくも子供の頃こんな考え方だったよな~忘れてたな

もっと違う見方で子供接してあげなきゃ・・・・

今の四角四面窮屈なっ社会で必死で生きようとしている子供こんな人生の選択あってもいいね

親は子供を信じないから子供も親を信じれないし頼れない・・・・

「見てる、知ってる、考えてる」

きっと大人の社会の中でもおんじことが起きてるでしょうね

深く・・・深く・・・・考えさせられます     よかったら秋の夜長、子供と一緒に読んでみてはいかがでしょう

気まぐれ日記 ブログランキングへ

↑このページのトップヘ